二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
子供は褒められたい 大人も

書道教室をに来る子供たちは皆元気です。
学校であったこと、友達とのこと、時に家での様子などを聞かせてくれます。


ほとんどは愚痴のように感じます。
お母さんはいつも怒るし、お父さんもいつも怒鳴るから嫌い
という子がおおいですね。


私はいつもいろいろと聞いてあげます。
そしていつも思います。この子は共感し褒めてもらいたいんだと。


大人だって同じですよね。
自分をいつも支え応援してほしい。


それはほんの日常になんですね。
主婦が褒められることなんてあるのかしらと思います。
父は母にも優しかったですね。


父は本当に褒め方が上手でした。
だから、何かあるとまず父に報告しました。


褒めてくれるのがわかっていたからです。
幸せに包まれたような思いをたくさんくれました。
いつも父に褒められたことをおもいだします。


だから私は子供達をたくさんたくさん褒めます。
文字の形、勢い、バランスなどどこか探して褒めます。


子供の喜ぶのがわかります。
それから、なおす所を指摘します。


特に上手に書けた時は、家にもちかえさせ、
お母さんに先生が上手と褒めてくれたよと言ってねといいます。


お母さん方にもお迎えにみえたとき、
電話の時など、その子の良いところを話すようにしています。


良い作品ができましたよ。
一生懸命書いてますよ。
ほかの子に優しいですよ。とか。


お母さんも自分の子供が褒められるのはうれしいですし、
何より、子供が、自分を褒めていてくれているという喜びが大きいのです。


そしてそれがまたが、次の練習の意欲につながるのです。

応援ありがちうございました。クリックお願いします。



書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.10.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。