二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
半紙選びも大仕事

良いも常に探していますが、半紙 条幅紙も
なかなか気に入った紙というと難しいですね。


ある程度、普段に使っている半紙、条幅紙はきめてありますが
同じ作品でも、紙の色、表面の風合い、
にじみ具合などにによって違いがでてきますから、
紙選びも本当に大切です。


いろいろな紙を使って研究します。
良いや良い紙に出会った時はなんとも言えない喜びです。
反対に紙、に満足できないときは、練習自体進みませんね。


学生の時は半紙はいつも中国製の毛辺でした。
教授が好きだったのかわかりませんが、
なぜか購買部に毛辺しかおいてありませんでした。


だれも皆その毛辺で書いていましたね。
授業でも作品の提出もみなそうでした。


不思議と疑問がわきませんでした。
もう少し半紙の研究をしていたほうが良かったかもしれませんね。


楷書、行書、草書みな同じ半紙では書けません。
また、毎日の練習に使用するとなると、
あまり高価な半紙は使えません。


適度な値段で書きやすい半紙を見つけようと
いろいろ試行錯誤しています。


今回新しい半紙を買ってみました。
手漉き風というので手漉きではありませんが、
練習には十分かなと思います。

半紙ー2
半紙説明ー2

和紙は中国製に比べると少し高いのですが、
この風紋は安く購入しました。


普段の練習につかってみましたが、
先生にみていただくのにも大丈夫と思います。
にじみがほどよく書きやすいですね。


少しざらつきがあり私は書きやすく、
当分書いてみようかと思っています。


応援ありがとうございました。クリックお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村


書道 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.10.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。