二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
子供には大きな夢と希望があります


それを見つけてあげたり背中を押してあげるのは
親なのではないかとおもいますね。

今では、世界のイチロウになった野球選手の
イチロウのお父さんも強くいっています。
講演会をよくされてるそうですね。
 
夢をもつきっかけは親の役割で
きっかけは親が与えるものだとはなされていますね。
やり過ぎといういう批判は別として。

私も小学生の時習字が好きで、よく家で書いていました。
それを見ていた父親が、書道教室を探してきてくれました。
初めて親といった時のことをよくおぼえていますね。

筆や紙を扱った大きな文房具屋さんにも
よく連れて行ってくれました。
よい背中のおし方をしてくれました。
好きだった書道がどんどん好きになりましたね。


そして中学、高校ではクラブ活動で、
大学では専攻するまでになり今にいたっているんです。

父親があの時書道教室を探してくれなかったら、
こうして主婦でもあり書道教室の先生には
なっていなかったと思います。

私の二女は今オーストラリアで英会話の勉強をしています。
英文科を専攻しましたが、
英会話はさっぱりできませんでした。

私の英会話も習ってみたらという一言で習い始めました。
二女はあの時お母さんが勧めてくれなかったら
こんなには勉強してなかったとおもうといいます。

難しいのは子供が本当に好きであるかどうかの
みきわめだと思います。
好きでないのに、親の希望や欲で
無理にやらせるようなことではなりませんね。

興味があると思った時にタイミングよく
背中をうまく押してあげるのが大切ですね。

応援ありがとうございます。クリックお願いします



書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.10.18 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。