二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
生徒の反抗期


書道教室を開き生徒を教えるのに喜びをかんじています。
生徒の上達を見ているとうれしいですね。

また、展覧会の賞に入選して、
生徒が喜ぶ顔を見る時も感動します。

さらに生徒の為に頑張ろうとおもいますね。
でもそういう時ばかりではありません。

やめててしまいたいと思う時もたまにあります。

習いに来ている生徒が非常に反抗的な態度で
言葉でも嫌なことを言ってくるときです。

お金を払って習いにきているのですから
勉強するかというと、そうでもありませんね。

反抗期であったり、自分の嫌なことを教室ではらすのでしょうか。

小学生の低学年であっても
驚くほど反抗的な子もいますよ。

それほど反抗するなら止めてしまえばよいのにと思うのですが、
そういう子にかぎってやめないのはなぜでしょうか。

心がさびしいのでしょうか。何かを求めているのでしょう。
しかし、反抗される側にするとたまりませんね。

こういう時は学校の先生方を本当にえらいと
思ったり同情したりします。

他の塾の先生方に聞いてもほ
とんどの先生方が頭をかかえているようですね。

でも反抗期だった生徒がすっかり良い子になって
また一生懸命書道教室に通いだしてくるのを何人もみていると、
もう少し見守ってあげようとおもう主婦になっているのです。

応援ありがとうございました。クリックお願いいたします



書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.11.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。