二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
年賀状 今年は

書道教室の展示会 4年生の作品
愛する心ー2

この作品を書いたのは男の子です。
力強い堂々たる作品です。

この季節になると喪中のハガキが届きます。
今日もきました。

年ごとに枚数が増えるような感じですね。

両親、配偶者、寂しいですがそんな年齢になってきたのです。

喪中のハガキを見ては、親孝行をと改めて戒めています。

テレビでも女優の森光子さんが亡くなった事を報道していました。

母の世代には美しく老いている希望の星だったようで、
母にはかなりショックだったようです。

近いうちに訪ねると電話で約束するとうれしいようでした。

お正月に届く年賀状は、おせち料理とともに楽しむものになっています。

表裏すべて印刷、添え書きのない年賀状から、
年賀状自体が作品となってあるものなどさまざまです。

やはり夫関係の年賀状は印刷物がほとんどですが、
私宛の年賀状は毛筆が多いですね。

書道関係の教師 塾 講師などに携わっている人が多く、
みな1年に一度の作品交換のようなもので私も手が抜けません。

どのくらい書き込んでいるかなど、すぐにわかってしまうからです。

また、私たちの子どもが年賀状を書かないのは驚きですね。

除夜の鐘とともに 子どもたちはあけおめメールしています。
隔世の感がありますね。

応援ありがとうございます。クリックおねがいいたします



書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.11.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。