二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やさしい人は誰?

書道教室の作品
永遠の平和ー2

中学1年の女子の作品 書道が好きな練習をよくする子です


今年10月2日に経済学者の金子哲雄さんが亡くなりましたね。
独特のキャラでお茶の間にも人気でした。

訃報は本当に突然でした。

当日もテレビには録画の金子さんがでていましたから。

11月22日に小学館から

「僕の死に方エンディングダイアリー500日」
という題で闘病の様子を書いた本が出版されるそうです。

最初に昨年の6月に末期の肺がんと診断されたそうですが、
肺カルテノイドという難病とわかり多くの病院から断られ

最後に大阪のゲートタワーIGTクリニックの
堀信一先生にたどりつきました。

初めてあった様子が書かれているそうです。



  堀先生の第一声を私は忘れない

  「咳 おつらかったでしょう」

  患者の立場になって声をかけてくださったのだ。

  その瞬間私は号泣していた。



人間一番辛いとき、

誰か自分をわかってほしい、助けてほしいと思った時に、

肩を抱いてくれる人がいたらその人の胸で

泣き崩れてしまいますね。

金子さんはそんな医師にやっと出会えて
号泣してしまったのですね

張りつめていた心がやっと解放されたのでしょう。

本当に辛い時、誰が一番自分を心配してくれているか
試されるときであり、

その人の人間性がわかりますね。

私も周りの誰かが困っていたら、

そっと手をさしのべてあげられるような人になりたいですね。

応援ありがとうございます。クリックお願いいたします



書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.11.17 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。