二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
教室の役割

書道教室を初めて10年以上経ちます。
たくさのん生徒を教えてきました
いろいろな生徒がおります。


一生懸命練習する生徒もおりますが、
そういう子ばかりではありません。


まさに反抗期真っ最中の子や
他の生徒に迷惑をかけてしまうような生徒もいます。


また家庭の状況もよくわかります。先生に対する話し方、
態度、靴の脱ぎ方揃え方ひとつをとっても
家庭の躾がわかります。


以前に家庭に問題を抱えた子がいました。
高校受験勉強を機にやめてしまいましたが、
お父さんともお母さんともほとんど話をしないということでした。


私が話を聞いてあげている中にだんだんと練習に来る時間が遅くなり、
とうとう他の生徒が帰ってから来るようになりました。
ほかの生徒をさけて一人で話したいようにおもえました


練習しながらいろいろと家庭の事情をはなすのです。
私はひたすら聞き役です。練習時間も延長です。
でも私はそれでよいと思いました。


彼のお母さんは家でも学校でもは反抗的な態度で
困っていると言っていましたが、わたしの教室では素直な良い子でした。
わたしの教室が唯一心休まるところなのだと思いました。


書道教室に通って書道の道にに進む子供はほとんどいないでしょう。
ピアノ教室に通ってピアノニスとなる人 
野球のリトルリーグに入ってプロの選手になる人は
ホンのひとにぎりというのと同じです。


では何が大切か。
私は心を育ててあげることだと思っています。


小さいときに通った教室を思い出した時に楽しかったと思えるかです。
練習が辛くて嫌だったというマイナスではならないと思います。


だからわたしも生徒達に書道ばかりでなくいろいろな面から接しています。
主婦の教室ならではかもしれませんね


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村


書道 ブログランキングへ
2012.10.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://syuhu10.blog.fc2.com/tb.php/21-d181732c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。