二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
上達は親次第?

私の子供のJAの銀賞の盾

JA盾ー2

JA盾ー3

書道教室を何年も開いていると、
いろいろな生徒さん、ご両親がいますね。

熱心すぎる母親、またはまったく関心のないご家族。
実にさまざまなんです。

子供のわきに座りひと筆ひと筆指導しているお母さんもいます。
時にお父さんも来たりします。

だいたいお子さんはやめてしまいます。
指導ではなく、小言になってしまっているんですね。
上達を長い目でみることもひつようです。

書道教室では子供は書道ばかりでなく、
学校の事や、家でのことなど、
親に言えないことを話して
元気を取り戻していることもあるんですね。

学校が勉強ばかりを学ぶところではないように
私の書道教室もいろんなことを学んでほしいと思っています
お母さんがいるとそれができません。
主婦ならではの教室なんです

実に反対の方もいます。

友人の紹介としてひとりで見学に来て
入会したいという生徒もいます。

必ずお母さんに来ていただき説明をしますが、
忙しいと電話だけの方もいましたね。

実にさまざまですね。

そういうお母さんをいろいろ見てきて、思うのは、
子供の習い事の上達には
お母さんお父さんの関心次第のようなきがします。

お母さんが一度も教室に来たこともない生徒というのは、
あまり上達しませんね。

お母さんが適度にみえて挨拶し
先生とのコミニュケーションのとれている生徒は上達も早いです。

子供に あなたの習い事をいつも見守っているよ
という姿勢が子供のやる気をだすんですね。

熱心すぎるのもいけないし、
無関心はもっといけないし難しいところですね


応援ありがとうございます。クリックお願いいたします


書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
2012.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://syuhu10.blog.fc2.com/tb.php/31-af38d67f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。