二匹の猫に癒やされながら日々の生活、情報を発信していきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
褒めて伸ばす

庭の四季咲きのばら いつもけなげに咲いてます
2庭のバラ

この頃、ほめることで伸ばす教育が実証されたようですね。

グループをほめるグループと何もしないグループに分けます。

ほめたグループは何もしなしグループより、
以前より成績がアップしたそうです。

前からテレビでも何度もやっている実験ですよね。
なぜ、今さらとも思いますよね。

前のブログでも書きましたが、

私は、書道教室で素晴らしいと思ったことは、
なんでも、声に出して本人にほめてあげるように心がけています。

靴の揃え方、あいさつの仕方、片づけ、言葉遣いなど、
およそ書道とは関係ないことでもほめてあげますよ。

ほめてあげることで子供が喜びと自信をもち
書道を学ぶ姿勢にも影響するからです。

私は週に1時間、その間は書道教室で少し大げさですが、
その子の人生をあずかっていると思っています。

書道ばかりでなく、勉強が好きになるも、
嫌いになるも先生の影響がおおきかったりするからです。

また生徒の中には明るく元気な子もいますが、
元気のない子もいますね。

元気のない子はほとんど自分に自信がありません。
いつも家で親に怒られているからなんです。

生きていく上で大切なことは自分に対する自信です。

自信があれば、いろいろなことに挑戦したり、
また困難なことにもうちかてます。

それ以上に幸せな人生をあゆめます。
親やまわりの人間は奪ってはいけません。

いつも怒鳴ってばかりいる先生もいますがどうなのでしょうか。

親の役目そして週1時間の私の書道教室の役目は、

少し大げさですが書道技術のほかにその子の未来に
明るい希望と大きな可能性に挑戦していく自信を
つけてあげることだとおもっています。

ほめることと叱ることは違いますから、
叱るときは叱り褒めるときは
褒めていく教育をめざします

応援ありがとうございます。クリックお願いいたします



書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
2012.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://syuhu10.blog.fc2.com/tb.php/44-2c83d2f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。